中途採用枠を作る

中途採用支援の活用で中途採用枠を使いこなす

新卒で間に合わせてきた企業が中途採用枠を作ろうというときには新卒を募集するのとは違う考え方が必要になります。中途採用支援を活用することで何が必要かを明確にできるので、まずはコンサルティングを受けてみましょう。

中途採用枠を設けるときに重要なこと

転職を希望する人が増えてきた影響を受けて、中途採用枠を作って人材確保を行おうとする企業も増えてきました。それまでは新卒を集めるだけでうまく事業を展開してきたものの、事業に成功して新たに社員を増やせるとわかったり、新しい展開をするために社内にはいない能力を持っている社員が必要になったりするというケースがよくあります。このときに重要なのが新卒とは異なる視点で募集を始めることであり、同じように行えば期待しているような人材が見つかると考えていると失敗してしまいます。中途採用支援を活用すると良いのは、それまで新卒の確保に成功してきた企業ほど中途採用枠を設けたときに失敗してしまうリスクが高いからなのです。

コンサルティングでわかる違い

中途採用支援を受けるときにはコンサルティングが基本としてまず行われているのが通常です。中途採用枠を初めて設けるという話をすると、よく状況を理解しコンサルティングを行ってくれるでしょう。新卒を募集するときには広く募集を行って能力が高いと期待される人材を選び出すのが基本的な考え方になります。しかし、中途採用を行うときには正に現場で必要とされている能力を持っている人を探し出すという考え方が必要だということを理解させてくれるでしょう。どのような人材を求めているかを明確にした上で、その人材が求職活動を行っていると考えられるフィールドで募集をかけるということが重要になります。これがコンサルティングでわかる点でしょう。

コンサルティングからの展開は自由

中途採用支援でコンサルティングを受けたらその後もサービスを受けなければならないということはありません。初回や数回のコンサルティングは無料で行っている場合もあるので、その時点で十分な理解ができて社内で実施できると考えたらそうするのも良い方法です。一方、そのままコンサルティングを継続してもらうことで、実際に中途採用の求人募集や審査方法の決定などのアドバイスを貰っていくこともできます。さらには業務の一部や全てを委託して実施してもらうこともできるため、選択肢は豊富にあるのです。中途採用支援のコンサルティングを受けた上で、その後の採用の行い方は考えれば問題はないので、まずは失敗しないために連絡を取ってみるのが重要でしょう。